<   2017年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧
石原 裕次郎のデニム


今日は暇なので、もう一つ書きます。

a0216198_16331425.jpg



ネットで拾った写真です。(小さくてスミマセン)

60年代中頃でしょうか。



有名なガルウィングのベンツの前に立つ裕ちゃんが穿いているジーンズが気になります。

(着ているハワイ大学の半袖スウェットも気になりますが。。)











別の写真。

上の写真よりも少し後の写真と思われます。(こちらは手持ちの写真集から)



自宅でまき子夫人とくつろぐ裕ちゃん。

a0216198_16423862.jpg

穿いているデニムは、多分一枚目の写真と同じ物でしょう。






ステッチから、Leeの101であることが判ります。

白洲さんと同様、Leeを穿いていたんですねえ。



ここでも、またスウェットを着ています。

カリフォルニア大学のプリント。(チャンピオン製か?)




意外ですが、スウェット好きだったんですね。









実は、これよりもう少し若い頃の写真があります。(こちらも手持ちの写真集から)


a0216198_16502916.jpg
60年前後でしょうか?



こちらは、コインポケットの形状から、Leeではないことが解ります。

フロントはジップ。

LEVI'S 505、いや、年代からすると551ZXXでしょう。


ジャスト履きで、ヒゲの良いあたりがでていますね。







明らかになったこと。

「石原 裕次郎は、LeeもLEVI'Sも穿いていた。」

そして

「実はスウェット好きだった。」

ということですね。





































[PR]
by kojicozy54 | 2017-04-02 17:29 | Vintage Clothes | Comments(0)
80’Sラルフローレンのポロシャツ
前回の記事で少し書いた80年代のラルフのポロシャツです。





a0216198_14470373.jpg






現在のラルフローレンのポロシャツと比較してみたかったのですが、
持っていないので参考までに、ラコステと比べてみました。(はい、暇人です。)











比べたのは80年代のフレラコのサイズ4
a0216198_14390216.jpg


これぞ定番というか、最もオーソドックスな形です。









ラルフ。

a0216198_14382606.jpg
首繰りがかなり狭いです。
これでは、第一ボタンを閉めて着るのはツライですね。

80年代当時、ラルフのポロシャツは、襟を立てて着る人が多かったと思うのですが、
首が苦しかったからなのかな? 
ただそういう着方が流行っていただけなのか。









次に襟のサイズ。

ラコステ

a0216198_14394619.jpg
約6cm。 オーソドックスな長さ。










ラルフ。

a0216198_14403707.jpg
約4cm(!) かなり小さい。

これも、襟立ての要因か?w









次に袖の長さ。

ラコステ

a0216198_14411123.jpg
13.7cmくらいですかね。 これでも今どきのポロシャツよりは長いほう。








ラルフ。

a0216198_14560160.jpg
15cm物差しでは足りませんw 

測ったところ、なんと19cmもありました。

着ると肘近くまであります。








身幅と着丈も測ろうと思ったのですが、赴任先にメジャーを持ってきていないことが分かり、
面倒なのでやめました。(適当ですみません。)





a0216198_14374650.jpg





ラルフのポロシャツは、古着でも大量に出回っていますし、ただのレギュラー扱いですが、
そのうちUSAメイドだとか、70年代、80年代製だとかで分けられるようになる日が来るかもしれないですね。



そんなことはないか。。。



































[PR]
by kojicozy54 | 2017-04-02 15:13 | Clothes | Comments(0)