<   2011年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
BROOKS BROTHERS のマドラス
マドラス地のアイテムが活躍する季節ですね。

BROOKS BROTHERS といえば、オックスフォードのBDシャツ(ポロカラーシャツ)が、何といっても代表するアイテムですが、マドラスのアイテムも、なかなか良いものを作っていました。

a0216198_21524162.jpg


色味からして80年代製でしょうか。 こういったいい感じのマドラスチェックも見なくなりました。

a0216198_21562724.jpg


マドラスのオッド・ジャケット。 3つ釦段返り中1つ掛け。 80年代製です。

a0216198_215858100.jpg


83年春のカタログでは、男前がビシっとキメてくれていますが。。。。

a0216198_2223823.jpg


2011年夏の私は、着こなしについて、いまだに試行錯誤中です。。。
[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-29 22:05 | Clothes | Comments(0)
McGREGOR Nylon Anti-Freeze その4
McGREGOR社が、Nylon Anti-Freezeの発売を開始したのが何年なのかは知りません。。
もしかしたらDrizzlerのように、McGREGORの文字が筆記体のタグのものも存在するのでしょうか。。。
(お詳しい方がいらっしゃいましたら教えてください)

そこまでではありませんが、この1着もソコソコ古いと思います。

a0216198_21405055.jpg


時代的には50年代頭くらい? (もしかしたら40年代末?)
タグは当然、サイズ表示が別につく古いタイプ。

a0216198_21423870.jpg


ジッパーは、コの字止めのwaldes。 TALONやCOMMATICではありません。
しかも、ボディーと同色のレザーのプルタブがつきます。
後年のエンブレムモチーフのチャームなんかより、こっちの方が断然格好いいのに...。

a0216198_21502927.jpg


ただ、残念なことに襟がデカイ! しかも剣先も、妙に尖ってるし。。
a0216198_2156034.jpg


着丈の割に身幅も大きいし、バランス悪くて格好良くありません。。(涙)

着ると、競馬場の予想屋みたいになりますw
[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-19 22:05 | Vintage Clothes | Comments(0)
McGREGOR Nylon Anti-Freeze その3
私の知る限りで、代表的なタグのデザインは以下の4種類
上段左 → 上段右 → 下段左 → 下段右 の順に新しくなっていきます。
(厳密にいうと、この間にも微妙に変化がありますし、下段右のものの次の世代のデザインもありますが、省略します)

a0216198_0475416.jpg


前回の日記でも書きましたが、私のNylon Anti-Freezeでの拘りは、
「襟裏にストラップがないこと」なのですが、この4つの中でいうと、
上段右の世代の後期くらいからストラップがつき始めたと思います。

そして、1960年あたりになると、素材のナイロンも「100% Du Pont Nylon」から、
「100% ANTRON NYLON」に変わります。

この「ANTRON NYLON」は、デュポン社の当時の新製品で、しなやかで丈夫。同社の高級製品なのですが、
縫製すると、ステッチ周りに微妙な皺がよってしまいます。 
これによりNylon Anti-Freezeは、初期のシャープさが薄れてしまいました。

特に襟周りは、襟裏のストラップの存在も手伝い、モコモコとした襟に変化し、
初期の、「表側に反り返る」、「薄くて硬い」、襟は消滅してしまいました。
[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-19 01:15 | Vintage Clothes | Comments(0)
McGREGOR Nylon Anti-Freeze その2
この巨匠が着ているのが、同じMcGREGORでも「Scottish Drizzler」ではないと知ったのは、90年代に入ってからでした。
a0216198_2351235.jpg


だって、それまでどんな雑誌にも「赤いドリズラーにリーバイス」って書いてあったし。
古着の先輩に聞いて、どちらも間違いだと知った時は結構ショックでした(笑)

その後、色々と探して3着程入手したのですが、現在手元に残っているのは、この1着のみです。

a0216198_094988.jpg


これは、YOUTHモデル。 ただSIZE20なので、MEN’Sの36くらいのサイズ感。
177cm 65kgの私が着用して、身幅や袖の長さがちょうど良い感じです。

ミントコンディションの、MEN'Sの40も所有していましたが、袖ぐりも大きく、ウエストも緩かったため手放しました。

YOUTHといっても、MEN’Sと形は基本的に変わらないのですが、カフスの形が異なります。

a0216198_015940.jpg



それよりも、私が拘るのは襟裏。 ストラップが無いことです。

a0216198_0255862.jpg



襟立てて着るなら、ここ重要ですよね? 巨匠。



a0216198_0243169.jpg


牛乳なんか飲んでないで。。。
[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-19 00:31 | Vintage Clothes | Comments(27)
McGREGOR Nylon Anti-Freeze
中学生の頃、この方に憧れた記憶からでしょうか。。。

a0216198_0192744.jpg



実際、着ることはまずないんですけど、手放せない服です。

a0216198_0121886.jpg


どうやっても、格好良く着こなせません....。

モノ語りは次回に。
[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-17 00:25 | Vintage Clothes | Comments(0)
TOP-SIDER と PRO-Keds
TOP-SIDERの話は続きます。

SPERRY TOP-SIDER社は、1980年前後にUNIROYAL社の傘下に入ります。
UNIROYAL社と言えば、前身はあの「keds」を生んだU.S.RUBBER COMPANYですので、1980年当時人気を博していた、同社の看板ブランド「PRO-Keds」と血縁関係を持ったわけです。

そこで、1981年の春には、こんなキャンペーンをやりました。(POPEYE 1981/4/25 101号より)

a0216198_23553169.jpg

a0216198_004521.jpg


TOP-SIDERを真似た、「PRO-Keds Marine」というモデルを、8000足限定で販売するというものです。

当時これには驚きました。 
「トップサイダーとプロケッズって同じ会社だったんだ。。。」 うれしいような、なぜかちょっとガッカリするような(笑)

しかしこうやって並べてみると、TOP-SIDERは5アイレットなのに対し、PRO-kedsは4アイレット。
形状も、TOP-SIDERは独特なスマートな形なのに対し、PRO-kedsの方はボッテリ。

革靴でいえば、ジョンロブとオールデンくらい印象が違います(笑)


8000足限定ということでしたが、何のことはなく、キャンペーン終了後も、このモデルは継続して販売され、慌てて買った人達は可愛そうでした。(笑)
[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-14 00:13 | Shoes | Comments(1)
TOP-SIDER その2
レザーも良かったけど、今となってはこっちの方が好きです。

a0216198_22121112.jpg

TOP-SIDER CANVAS OXFORD LOT#MP600

これぞオリジナル。

a0216198_22142760.jpg

TOP-SIDER CANVAS OXFORD LOT#MP601

NAVYの色目が最高。 これが一番好きです。

a0216198_22152529.jpg

TOP-SIDER SEA MATE LOT#WP855(確か。。)

こんなのもありましたね。


a0216198_22184470.jpg


ヒールパッチそろい踏み。
左から ~75年くらい、 ~80年くらい 、~82年くらい。

やっぱり、USメイド最終のヒールパッチは味気ない。。。
[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-08 22:23 | Shoes | Comments(0)
TOP-SIDER
a0216198_0571619.jpg


60年代のIVYリーガーの足元を飾ったのは、NETTLETON やBASSのペニー・ローファーでしたが、80年代のPREPPYの足元は、TOP-SIDERやCOLE HAANの、デッキモカシンでした。

a0216198_065477.jpg

TOP-SIDER LEATHER MOCCASIN LOT# MP991
1981年当時で ¥20,000

a0216198_0131912.jpg

TOP-SIDER LEATHER MOCCASIN LOT# MP994
こちらはNAVY。 女の子が履くと可愛かった(笑)


茶色の方が、70年代から80年頃にかけての物。(多分)
ソールにPATENT No.が入ります。

a0216198_0165371.jpg


ネイビーの方は、KOREA生産になる少し前の物。(82年くらい?)
PATENT No.の表記は省略されます。 かかとの横に、ヨットマークも入ります。
a0216198_0213166.jpg



こちらは、タウンユースを意識して作られたヴァージョン。
a0216198_0294212.jpg

TOP-SIDER LEATHER MOCCASIN LOT# MY974

歩くことを考えて、ソールの材質も変えています。 おまけにヒールも高くして。
これじゃ、あまりスペリーソールの意味ないし(苦笑)
a0216198_0324518.jpg


当時の定価、¥23,800(!) 

当然、当時高校1年生の僕に買えるはずもなく、6000円くらいで買った日本製のそれ風のを履いて我慢していました。

この3足は、40歳を過ぎて、思い出していきなり欲しくなり、探して集めたものです。

ここ数年はほとんど履いてなかったけど、この夏は履こうかな。  
[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-08 00:45 | Shoes | Comments(0)
First step
はじめまして。 Cozyと申します。
1965年9月生まれ。

社会人になった頃には、「新人類」と呼ばれた世代でしたが、現在はただの「昭和のオヤジ」です。
ジャンルを問わず、「My Favorite」について、勝手気ままに、語っていきたいと思います。

カテゴリを見て、ピンと来た方がいらっしゃいましたら、ヒマつぶしに読んでやってください。
a0216198_23291626.jpg

[PR]
by kojicozy54 | 2011-06-07 23:30 | Comments(0)