カテゴリ:Vintage Clothes( 24 )
石原 裕次郎のデニム


今日は暇なので、もう一つ書きます。

a0216198_16331425.jpg



ネットで拾った写真です。(小さくてスミマセン)

60年代中頃でしょうか。



有名なガルウィングのベンツの前に立つ裕ちゃんが穿いているジーンズが気になります。

(着ているハワイ大学の半袖スウェットも気になりますが。。)











別の写真。

上の写真よりも少し後の写真と思われます。(こちらは手持ちの写真集から)



自宅でまき子夫人とくつろぐ裕ちゃん。

a0216198_16423862.jpg

穿いているデニムは、多分一枚目の写真と同じ物でしょう。






ステッチから、Leeの101であることが判ります。

白洲さんと同様、Leeを穿いていたんですねえ。



ここでも、またスウェットを着ています。

カリフォルニア大学のプリント。(チャンピオン製か?)




意外ですが、スウェット好きだったんですね。









実は、これよりもう少し若い頃の写真があります。(こちらも手持ちの写真集から)


a0216198_16502916.jpg
60年前後でしょうか?



こちらは、コインポケットの形状から、Leeではないことが解ります。

フロントはジップ。

LEVI'S 505、いや、年代からすると551ZXXでしょう。


ジャスト履きで、ヒゲの良いあたりがでていますね。







明らかになったこと。

「石原 裕次郎は、LeeもLEVI'Sも穿いていた。」

そして

「実はスウェット好きだった。」

ということですね。





































[PR]
by kojicozy54 | 2017-04-02 17:29 | Vintage Clothes | Comments(2)
育てられない
私は普通のサラリーマンなので、平日はスーツを着ています。

休日にプライベートでスーツを着ることはほぼありませんが、ウールのパンツにジャケットという格好もします。

デニムは好きですが、どちらかというと、軍パンのほうが出番が多い方です。


となると、デニムを履くのは、月に3、4日。  年間通しても40日程度。








なので、このデニムを、


a0216198_22105618.jpg










こんな風に立派に育てるのには、



a0216198_22114352.jpg




何年もかかります。


...というか、正直ここまで育てあげたことがありません。  









所有するデニムは一本ではありませんし、



結局ヴィンテージだと、


「一度履いたら洗う。」



というような勇気もなく、たまーに大事に手洗いしたりする程度なので、




何年どころか、十年単位で時間がかかります。



a0216198_2218538.jpg







育ったころには、ジイさんだな。。。


デニムを「履く」どころか、「履かせてもらう」状況かもしれない。。。(笑)





なので結局、ワンウォッシュやデッドストックのヴィンテージを入手したところで、




色落ちを愉しむことはほとんどないので、ヴィンテージじゃなくても良いと思ったりもするんですが、





a0216198_22225437.jpg








「真っ紺」とか、「バキバキ」とかという言葉に、オヤジ世代は弱いんですよねえ。。。




どうしても、色の濃い方を選んでしまいます。(苦笑)
[PR]
by kojicozy54 | 2012-12-04 22:34 | Vintage Clothes | Comments(5)
Lee COWBOY JACKET その3
ディテールの写真UPのご要望を頂きましたので載せてみます。



a0216198_23223540.jpg


グリーンの太畝コーデュロイの襟に、グレー・ベージュのボーダーのライニング。
















a0216198_23225244.jpg



裾はウエストバンドに縫い込まれています。










a0216198_0204854.jpg



袖のライニングも同じく。  カフスに縫い込まれています。















シンチバックは....

a0216198_23232027.jpg


当時に切り取られています。。。残念。

















a0216198_2325799.jpg


最初入手したとき、このポケットの中に沢山の藁が入っていました。   農夫が着ていたんでしょうか?

















そういえば、一度だけ雑誌に貸出ししたことがあります。






a0216198_23261273.jpg




発行年月を見たら、平成8年4月となっていました。   



えーっ!  もう16年も前になるの?












a0216198_2327913.jpg













a0216198_0135580.jpg



しかし、「STORM COWBOY」っていうネーミング。   どうなんでしょうかねえ...。



いかにも、当時の「BOON」らしいですね。。。(苦笑)
[PR]
by kojicozy54 | 2012-07-14 00:27 | Vintage Clothes | Comments(4)
Lee COWBOY JACKET その2
a0216198_2258068.jpg










確か1991年頃、なんでもない女の子系の古着屋で出会いました。









高校生の時にPOPEYEの古着特集で見た

a0216198_2322575.jpg


コイツに。









a0216198_2311489.jpg
















a0216198_23253280.jpg




8年経ってまた、リー・カウボーイというボタンに驚きました。(笑)















a0216198_231017.jpg








あの古着特集を知らなかったら、見過ごしていたかも知れません。





これを入手してから、僕の古着人生が本格的に始まりました。 (もう既にリタイアしていますけど)












でも、こんなの見つけちゃったら、ハマるに決まってますよね?
[PR]
by kojicozy54 | 2012-07-11 00:00 | Vintage Clothes | Comments(7)
Lee COWBOY JACKET その1
以前紹介したPOPEYE 165号に掲載されていたコイツ。

a0216198_22453429.jpg


ライニング付きの、Lee COWBOY JACKET。








a0216198_22485998.jpg



クレジットは、原宿「VOICE」の「参考商品」となっていました。


当時、LeVI'Sのファーストだって実物を見たことがなかったのに、Leeにこんなポケットが一つだけのGジャンがあったなんて...。

しかも、見たことがないドーナツ型のボタン。

キャプションにも、「リー・カウボーイというボタンに驚く」とありますが、本当に驚きでした。(笑)




この写真と、このアイテムの衝撃は、僕の頭に強烈な印象を残しました。






そして、この8年後。  ヴィンテージ古着の魅力にどっぷり浸かる出会いがあります。。。
[PR]
by kojicozy54 | 2012-07-10 00:00 | Vintage Clothes | Comments(1)
LACOSTE  その1
SAKS FIFTH AVENUEネームのフレラコです。

a0216198_22264923.jpg









おそらく、60年代後半から70年代頭にかけてのものでしょう。






a0216198_22274949.jpg



同じようにBROOKS BROTHERSネームのもありますね。












フレラコとは言っても、ボタンは4穴だったり、ダックテールだったりと、IZODのディテール満載です。

多分、IZOD社がライセンス生産を開始する前に、フランスでアメリカ市場向けに生産していたものではないかと思います。




a0216198_22352937.jpg




ただでさえ、着丈が長いのに。。。。。。




a0216198_22291733.jpg





ダックテール長すぎ!








裾出して着ると、ちょっとした女子のワンピみたいになってしまうので、これは常にパンツにインです。(苦笑)
[PR]
by kojicozy54 | 2012-06-20 22:50 | Vintage Clothes | Comments(0)
Lee 36 series Railroad jacket
たまたま自分のブログの過去記事を見直していたら、ちょうど昨日がブログを始めて1年目であったことに気付きました。

そこで、最初の記事に載せた写真の物について、書きたいと思います。

(オールデンの記事もちょっと飽きたし。。)



a0216198_23584147.jpg













a0216198_035412.jpg












a0216198_092466.jpg



Lee 36シリーズのカバーオールです。


これも入手してから、かれこれ20年になります。







なぜか、この36シリーズには縁があって、オーバーオールもカバーオールのデッドストックも所有していました。








その写真がコレです。


a0216198_014070.jpg








右下のタイムスタンプに「’94.8.21」とあります。



多分、「写るんです」かなんかで撮ったんでしょう。



デジタルで画像を残せない頃から、こんなことやってました。  アホです。(笑)








この写真にある、オーバーオールも、カバーオールのデッドストックも、もう手元にありません。


(カバーオールなんか、今だったら結構な値段が付くだろうな。。。)







いまも所有しているのは、上の写真の真中に写っている、このカバーオールだけ。


a0216198_0174968.jpg




これは、手放すことはないでしょう。(多分)







アーカイブシリーズで、36が復刻されない事を願うばかりです。。。










(実はもう出てるのかな。。?)
[PR]
by kojicozy54 | 2012-06-08 00:30 | Vintage Clothes | Comments(0)
McGREGOR Scottish Drizzler
a0216198_23572332.jpg








つい先日入手したピンクのマクレガー スコティッシュ ドリズラーです。





a0216198_23584423.jpg






ピンクでも、濃いものは見たことあったのですが、


a0216198_003591.jpg











ファイヤーキングのピンクスワールのような、

a0216198_0184898.jpg







淡い色のものは、私は初見だったので、思わず購入してしまいました。











それと、前のオーナーが付け替えたと思われる、ピストル型のチャームもカッコ良かったので。

a0216198_023358.jpg










後染めか? とも思いましたが...










a0216198_06099.jpg




同じ色調のピンクのボタンは、間違いなくオリジナルだし、大丈夫でしょう...(多分)







a0216198_0322267.jpg





まあ、後染めだったとしても、気に入っているので全然構いませんけどね。














あ、あまり知られていないのですが、


古いドリズラーの右側のポケットの内側には

a0216198_025687.jpg















ペン差しがあります。

a0216198_0275381.jpg






きっと、ゴルフのスコアをメモすることを考慮して作られたのでしょう。




いつ頃かはハッキリしませんが、いつの間にか省略されてしまったディティールです。
[PR]
by kojicozy54 | 2012-04-18 00:39 | Vintage Clothes | Comments(4)
70'S NAVY UTILITY PANTS
正式には、「TROUSERS UTILITY, DARK BLUE」とあります。


a0216198_23452684.jpg



履くのは1971年コントラクト以前の、シルエットがストレートのもののみ。

これ以降の、フレアーは頂けません。






履きやすく、シルエットも今時なので、とても好きなパンツなんですが、これもまた、なかなか見つからない。

a0216198_2349150.jpg








ストレートのヤツは、まず間違いなくアルミジップですよね?

ブラスジップのヤツは、フレアしか見たことないです。


a0216198_23513641.jpg














こんな風に、ステンシルなんか打ってあると、気分です。


a0216198_23534072.jpg









裾をロールアップして、ビルケンでも履きましょうか?




春先に活躍する1本です。
[PR]
by kojicozy54 | 2012-03-15 00:03 | Vintage Clothes | Comments(0)
Leeは深い
Lee WESTERNER PANTS  saxe blue

サックス・ブルーのウエスターナー。

a0216198_23302667.jpg


これも、ほとんど市場に出て来ませんね。





縫い糸はサックスブルーなのに、スレーキは生成りのままですから、後染めではないことがわかります。

a0216198_23432022.jpg







a0216198_23324897.jpg


a0216198_23331152.jpg


a0216198_14462.jpg


ディティールからすると、ウエスターナーが発売された最初の頃、59年~60年あたりの生産でしょうか?






パンツがあるのですから、ジャケットも存在するんでしょうけど、サックスブルーは一度も見たことがありません。
(”FADE-PROOF”タグのカツラギ素材は稀に見かけますが。。)






ウエスターナーって、生成り、モカ、グリーン以外に、結構いろんな色があったみたいですね。


赤は、20年くらい前に、ジャケットを一度だけ見たことがあります。
色は赤なのに、102-Jじゃなくて、100-Jのタグが付いていたところなど、怪しい部分もあったんですが、
原宿の某古着屋のオーナーと一緒に鑑定した結果、その時は本物だろうということに落ち着きました。


黒は上下とも見たことがありますが、ジャケットはボーイズサイズでした。
大人サイズのジャケットは見たことがありません。


また、僕は見たことありませんが、知り合いの古着屋のオーナーは、鮮やかなパープルを見たことがあるそうです。
レディースのパンツだったそうですが、デッドストックでフラッシャーも付いていたので、オリジナルだろうとのこと。



本当は、何色展開していたんでしょうかねえ...。








Leeは深い。。。
[PR]
by kojicozy54 | 2012-02-12 00:30 | Vintage Clothes | Comments(0)